知って得するトイレの修理知識

自分でもできるトイレ修理

自分でもできるトイレ修理

自分でもできるトイレ修理 トイレの修理は業者に頼まないと無理だと思っていませんか?もちろんどのような状況なのかという点によっても異なりますが、トイレの修理は自分でもできるのです。では、どのような状況であれば、自分で何とかすることができるのでしょうか。

例えば自分でもできる状況の1つに、ちょっとしたつまりがあげられます。つまったときにはどうしようもないと思う方もいるかもしれません。ですが業者に依頼するとかなりの費用がかかるので、まずはラバーカップを利用してつまりを解消できないか試してみましょう。ホームセンターやスーパーマーケットなどでもラバーカップは購入できるので、近くのお店まで行ってきて、問題が解決できないかすぐに試せます。

ラバーカップでも解消できないつまりの場合、市販の薬剤を利用するのも1つの手です。薬剤の使用上の注意をよく読み、安全に利用するようにしましょう。ただし自分でもできるつまりの解消というのは、トイレットペーパーなど水に溶けるものがつまったケースのみなので注意しましょう。

トイレの水が止まらない!修理業者が来るまでにすべきこと

トイレの水が止まらない!修理業者が来るまでにすべきこと 突然に起きるのが、トラブルです。
毎日、使用するトイレの水が止まらない事態になったなら慌てるのは無理がないことです。
しかし、まずは落ち着いてその今のトイレの状況を見ることです。
水の流れが止まらないだけなのか、その水が溢れて壁や床にも被害がでているのかなどを確認します。
修理を依頼するのは、当然ですがその修理が来るまでにできることを考えます。
特にマンションなどの場合は、階下にも水漏れする場合があるのでまずは水を止めることです。
通常は、レバーの横の止水栓を止めることでトイレの水だけを止めることができます。
これで、流れる水が止まると安心ができます。
ただ、この止水栓がわからないときには水道の元である玄関先などにある元栓を止めると水は必ず止まります、
この場合は、家中の水が止まりますが修理が終わるまでの間なのであまり問題ではありません。
それよりも、問題になるのは階下などへの水漏れが起きたときです。
まずは、冷静になり水の流れを止めます。

Copyright © 2017 知って得するトイレの修理知識 All Rights Reserved.