知って得するトイレの修理知識

トイレ修理に関する情報が満載!

トイレの修理料金の相場

トイレの修理料金の相場 トイレが詰まったり、水漏れしてしまった場合には、修理をする必要があります。
症状によって費用は異なりますが、専門の業者に依頼した場合、トイレタンクの修理に5000~15000円、トイレ詰まりに3000~12000円、各種みずもれに7000~20000円というのが相場となっています。
パッキンの交換程度であれば、自分で行うことも可能で、費用を抑えることはできますが、原因がわからなかったり、正しく交換を行えなかった場合には、被害を拡大してしまう可能性もありますから、できるだけ専門の業者に依頼した方がよいでしょう。
水漏れを放置してしまうと、水道代も高額になってしまいますし、被害も拡大してしまいます。
特に集合住宅の場合には、階下にまで被害を及ぼしてしまう場合もありますから、異変に気づいた時にはできるだけ早く対策をとることが大切です。
その際には、事前に費用相場を調べ、信頼できる業者に依頼することが大切です。

トイレの便座がひび割れ…修理にかかる料金相場は?

トイレの便座がひび割れ…修理にかかる料金相場は? 水洗、汲み取り式と言った違いはあるにしても、ほとんどすべてのトイレでは「陶器の便座」が使われています。
一見して壊れることなど想像できないのですが、あくまでも陶器でできている以上、強い衝撃を与えた場合などにトイレが壊れてしまうこともあります。
日常使用で壊れてしまうことはほとんどありませんが、何か硬いものをぶつけてしまった場合などにひび割れや欠けが起こる可能性があります。
表面が欠けた程度ならば継続使用することも可能ですが、割れた場所から水分などが入り込んで雑菌が繁殖するなど衛生面が不衛生になってしまう可能性があるので、できるだけ早々に修理または補修を行った方が賢明です。
トイレ修理の価格は方法などによって変わりますが、大掛かりな修理になる場合は「中古の便器を購入して丸ごと取り換える」という方法をとった方が簡単かつ安上がりになる可能性もあります。
そうではない場合、数千円~数万円まで料金には幅があるので、しっかりと確認することが大切です。

Copyright © 2017 知って得するトイレの修理知識 All Rights Reserved.