知って得するトイレの修理知識

トイレの修理をセルフで

トイレの修理をセルフで

トイレの修理をセルフで 家のトイレも年数とともに劣化の一途をたどるので、何気なく使用していることが多いだけに、一旦故障する羽目になると何ともできないものです。
たとえ新築の家であっても、10年を過ぎるころには部品の一部が壊れるなど、不思議と不調が発生し始めるのです。トイレの造りや形にもよりますが、昔からある一般的なものでは、お水のタンクが本体一体型ではないために毎日何度も使用する頻度に耐えかねて、劣化が早くなるということです。修理するとしても、どこがどのように故障したかによって、セルフで直せるかどうかの判断基準になります。このような修理に関しても、仕事関係で作業が分かっているのであれば問題はないのですが、まったくの素人であればセルフで直すことも難しいものです。トイレの一部の部品が壊れたにせよ、その部品を調達するところも良く知らないでは、話しにもならないのです。蛇口からちょっとした水漏れなどであれば、専用のテープなどを使用して応急処置ができます。

トイレの水漏れのDIY修理の方法

トイレの水漏れのDIY修理の方法 毎日使用しているトイレが故障して使えなくなるのは非常に困ります。近くに水道工事店があってすぐに直しに来てくれれば良いのですが、工事店の休業日や深夜でのトラブル発生では、DIYで直す必要があります。
まずは原因の究明が必要です。水漏れであれば、匂いで給水系統なのか排水系統なのかがわかります。給水管の漏水では、ロータンクへの給水か温水暖房便座への給水かのどちらかが多いです。毎日使用する器具なので、着座時の振動で機器と管の接続部が緩んでしまい漏水する例がよくあります。ロータンクや洗浄便座付近にある止水弁を閉めて、工具を使って増し締めすれば完了です。
排水系統の漏水の場合は、便器と排水管の接続部にできた隙間が原因であることが多いです。便器をいったん取り外す必要がありますが、この作業は水道工事店に修理を依頼した方が賢明です。一時的にDIY修理をするのであれば、便器下部と床との隙間をコーキングで塞ぐことでトイレでの漏水が広がるのを抑えることができます。

Copyright © 2017 知って得するトイレの修理知識 All Rights Reserved.