知って得するトイレの修理知識

トイレ修理に関する情報が満載!

賃貸住宅のトイレ詰まり修理費用は誰が支払う?

賃貸住宅のトイレ詰まり修理費用は誰が支払う? トイレが詰まったという時、どうしたら良いか分からず焦ってしまいますよね。賃貸住宅の場合、どこに連絡したら良いか、修理費用は誰が支払うのかなど様々な疑問が過ぎると思います。
ここではっきり言えることはまず、故意にトイレを壊した、自分の使い方が明らかに悪いというわけではない場合、費用を負担するのは住宅会社になります。
しかし、それを証明することなど後々のことを考えると揉め事は避けたいですよね。
それを踏まえて、詰まってしまった場合は、とにかく最初に住宅会社に連絡しましょう。最初の契約時に小修繕は自己負担をお願いしていることがあります。
この小修繕というのは、蛍光灯の交換など消耗品に対する負担を指していますので、トイレの詰まりは入らないと考えおきましょう。
もし自己判断で業者に依頼した場合、支払い後必ず領収書を貰う必要があります。ただ、修繕後に連絡をしても全額支払って貰えないというケースがあります。
基本的に、契約者に非がないことが分かれば、修理会社の手配から費用まで全て負担してもらえます。
非がないことを証明するためにも、自己判断はせず住宅会社に連絡することが先決です。

トイレットペーパーが詰まったときの修理方法

トイレットペーパーが詰まったときの修理方法 トイレットペーパーが詰まってしまった場合、簡単な詰まりか頑固な詰まりかによって、修理方法が幾分違ってきます。
例えば、トイレットペーパーの詰まりが比較的簡単なものであるなら、ラバーカップを使って修理することができます。
ラバーカップにも幾つかの種類があるため、形状が合うものを選ぶようにしましょう。
方法は簡単で、便器の穴を包むかのようにカップを置き、しっかり密着させたら、ゆっくりと押していきます。
押せなくなったら、水を引き寄せるかのようなイメージでカップを引きます。
これを繰り返して詰まりを取り除きましょう。
こうした方法では直らない頑固な詰まりであれば、ぬるま湯を使った方法を試してみることができます。
便器の中に重曹と穀物酢、そしてぬるま湯を流し込み、一時間ほど放置します。
こうすることにより、詰まったトイレットペーパーをふやかして流すことができます。
仮に数時間経っても詰まりが緩んでこないような場合は、水道業者に相談してみるのがお勧めです。

Copyright © 2017 知って得するトイレの修理知識 All Rights Reserved.